初心者でもできる!投資信託

投資信託って何?

投資信託(ファンド)とは、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてブールされた資金を、運営会社に属する資産運用のプロ(ファンドマネージャー)が、株式や債券などの金融資産などに投資するよう指図し、運用成果を投資する金融商品のことです。
難しすぎてよくわかりませんよね。
簡単に言いますと、投資信託とはとある販売会社がお客さんからたくさんお金を集めて、そのお金を投資のプロのアドバイスの下で株などに投資します。私たちのサイドで言えば自分たちの投資をとある会社に信じて託す、ということですね。
投資信託は安くて1000円ほどから始められるので、あまり大きい値段が出せない、あるいは出すのが怖いという人でも気軽に始めることも可能です。

投資信託の仕組み

投資信託について軽く理解したところでその仕組みについてについても知っておきましょう。投資信託で機能する役割は大きく分けて三つです。

一つ目は販売会社。
証券会社や銀行などがこの役割を担いますが、私たち投資家の口座を管理し、投資信託の結果出てきた分配金を払ったり、投資家の相談に乗ったりと、投資家と投資信託の橋渡し的な役割です。

二つ目は運用会社。
資産運用の専門家が集まり、どこに投資をするのか決める司令塔的な役割です。当然ながら投資信託の要のポジションに当たります。

三つ目は信託銀行。
販売会社が集めた資本家のお金はすべてここに集まり、ここで運用会社の指示した投資が始まります。塵も積もれば山となる、ではないですがここでたくさんお金を作り出すためにこそ少ない投資でも募っているわけですね。


みんなにシェア

B!